郷土に遺る「浅野祥雲の作品」を動画で紹介!

「浅野 祥雲(あさの しょううん)」をご存じでしょうか?
1891年(明治24年)中津川市千旦林の旭地区に生まれた「コンクリート芸術」の作家です。

1924(大正13)年、名古屋市に移住しましたが、その頃から精力的にコンクリート像を作り続け、愛知県を中心に約800の像を遺しました。桃太郎神社五色園関ヶ原ウォーランドは「三大聖地」と呼ばれ多くの作品が集中的に残っています。

生まれ故郷である坂本に対する想いは強かったようで、坂本地域にも多くの作品を遺しています。これらの作品を映像に収め、15分ほどの動画にまとめてみました。

■浅野祥雲関連リンク

カテゴリー: お知らせ, 坂本の風景 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中