浅野祥雲の「神馬像」生まれ変わる!

千旦林八幡神社境内にある「神馬像」をご存知ですか?

坂本老人クラブあさひ会(荻野忠代会長)の皆さんが、坂本地域まちづくり推進協議会の支援を受けて、塗装がひどくなった「神馬像」を本来の色であった茶色に塗り替え、ペガサスのような新馬「神馬像」に生まれ変わりました。

また、旭3クラブ隣にある弘法大師と釈迦三尊像も祥雲氏の作品で、傷みがひどいため、こちらもペンキ作業を行い、とてもきれいに仕上がりました。

この坂本に偉大な作家がいたことを後世に残すために、「あさひ会」のみなさんは大変お疲れさまでした。

※浅野祥雲(明治24年生)は、千旦林旭地域で生まれ育ち、30代に名古屋へ移転し、仏像をはじめコンクリート像など1000体以上を創られた。

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中