同居している「コガラシギボウシ(木枯らし擬宝珠)」と「ホトトギス(時鳥草)」⁉

西林の松葉茂さんが、今回届けていただいたお花は、「コガラシギボウシ(木枯らし擬宝珠)」と「ホトトギス(時鳥草)」です。

「コガラシギボウシ(木枯らし擬宝珠)」の名称由来は、葉が強い風でよじれたような形をしており、10月に入ってから花を咲かせているので、おそらく風の木枯らしのことからです。そして、ギボウシの中では一番小さく背丈が20㎝ほどなので、園芸用として人気があります。

「ギボウシ(ホスタ)(擬宝珠)」は、7月に公民館に飾っていました。

「ホトトギス(時鳥草)」の名称由来は、花弁の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることからです。そして、日本固有の花で、夏の終わりから秋にかけて、細い茎をすっと伸ばした先に、濃い紫色の斑点が入った小さな白い花を上向きに咲かせます。

IMG_3141

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中