浅野祥雲の「神馬像」生まれ変わる!

まち協ブログ

千旦林八幡神社境内にある「神馬像」をご存知ですか?

坂本老人クラブあさひ会(荻野忠代会長)の皆さんが、坂本地域まちづくり推進協議会の支援を受けて、塗装がひどくなった「神馬像」を本来の色であった茶色に塗り替え、ペガサスのような新馬「神馬像」に生まれ変わりました。

また、旭3クラブ隣にある弘法大師と釈迦三尊像も祥雲氏の作品で、傷みがひどいため、こちらもペンキ作業を行い、とてもきれいに仕上がりました。

この坂本に偉大な作家がいたことを後世に残すために、「あさひ会」のみなさんは大変お疲れさまでした。

※浅野祥雲(明治24年生)は、千旦林旭地域で生まれ育ち、30代に名古屋へ移転し、仏像をはじめコンクリート像など1000体以上を創られた。

DSCN9605 DSCN9598 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

坂本まちづくり協議会

坂本まちづくり協議会

当協議会は、「住民参加によるまちづくり」を基本理念とし、坂本地区の住民の良好なコミュニティの形成及び地域の自然や特色を活かしたまちづくりの推進を図ることを目的として作られた団体です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

坂本まちづくり協議会

坂本まちづくり協議会

当協議会は、「住民参加によるまちづくり」を基本理念とし、坂本地区の住民の良好なコミュニティの形成及び地域の自然や特色を活かしたまちづくりの推進を図ることを目的として作られた団体です。

最近の記事

  1. 変わりゆく美乃坂本駅周辺ですR4.8.1

  2. 坂本夏祭り中止のお詫びとお知らせ

  3. 坂本まちづくり協議会だより第4号発行

TOP