ふれあいサロンで歴史散策「辻原八十八ヶ所巡り」‼

まち協ブログ

令和3年11月5日(金)快晴。

12の1区の高齢者のみなさんはふれあいサロンを定期的に企画し開催しています。

その名も「サロン友遊」。とってもいい名前ですね。

いつもは、地域の俱楽部をお借りしていますが、今回は地域を飛び出して「辻原八十八カ所巡り」を企画しました。散策しながら地域の史跡をめぐることで、健康づくりと郷土の歴史を知ることができます。

案内は、地元辻原の「坂本しあわせ会(飯塚恒夫さん代表)」のメンバーで、荻野隆三さんと江碕良彦さん。

お二人とも、地域の歴史を語らせたら右に出る者はいません。

四国八十八カ所の霊場は有名ですが、なぜ辻原に八十八カ所の弘法大師像ができたのか。

そこには、明治37年から始まった北部開拓の歴史と巡礼に秘められた先人たちの思いがあります。

その思いにふれながら有意義な一日となりました。

坂本地域まちづくり推進協議会

坂本地域まちづくり推進協議会

当協議会は、「住民参加によるまちづくり」を基本理念とし、坂本地区の住民の良好なコミュニティの形成及び地域の自然や特色を活かしたまちづくりの推進を図ることを目的として作られた団体です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

坂本地域まちづくり推進協議会

坂本地域まちづくり推進協議会

当協議会は、「住民参加によるまちづくり」を基本理念とし、坂本地区の住民の良好なコミュニティの形成及び地域の自然や特色を活かしたまちづくりの推進を図ることを目的として作られた団体です。

最近の記事

  1. 第13回坂本青少年新春書初め大会

  2. 第11回はがきコンクール作品展

  3. 濃飛横断自動車道工事の途中経過   R4年1月5日撮影

TOP