郷土に遺る「浅野祥雲の作品」を動画で紹介!

「浅野 祥雲(あさの しょううん)」をご存じでしょうか?
1891年(明治24年)中津川市千旦林の旭地区に生まれた「コンクリート芸術」の作家です。

1924(大正13)年、名古屋市に移住しましたが、その頃から精力的にコンクリート像を作り続け、愛知県を中心に約800の像を遺しました。桃太郎神社、五色園、関ヶ原ウォーランドは「三大聖地」と呼ばれ多くの作品が集中的に残っています。

生まれ故郷である坂本に対する想いは強かったようで、坂本地域にも多くの作品を遺しています。これらの作品を映像に収め、15分ほどの動画にまとめてみました。

坂本地域まちづくり推進協議会

坂本地域まちづくり推進協議会

当協議会は、「住民参加によるまちづくり」を基本理念とし、坂本地区の住民の良好なコミュニティの形成及び地域の自然や特色を活かしたまちづくりの推進を図ることを目的として作られた団体です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

坂本地域まちづくり推進協議会

坂本地域まちづくり推進協議会

当協議会は、「住民参加によるまちづくり」を基本理念とし、坂本地区の住民の良好なコミュニティの形成及び地域の自然や特色を活かしたまちづくりの推進を図ることを目的として作られた団体です。

最近の記事

  1. 令和2年度 坂本区民の願い(要望書)を提出しました

  2. リニア中央新幹線資材置き場の工事始まる

  3. 花だより~ヒトツバタゴは今が盛りです

TOP